寺子屋MTG

マジック:ザ・ギャザリングのカードで豆知識得ちゃおうという、ただネタが書きたいだけのブログです

鬼のオニキス

ない…どこにも無い…

どしたのー?

煙霧の連鎖ですよ!どこのショップ見ても軒並み売切れなんです…

これ?

それ!それです!

えー…でもこれただのアンコやん。レガシーかヴィンテージじゃないと使えないし。
売り切れっていうほど人気カードかなぁ…

 

ストリクスヘイブンの新カード情報が徐々に公開されています。
注目されているプレインズウォーカーはたくさんいますが、中でも話題になっているのが『Professer Onyx(オニキス教授)』。カード名ではこのプレインズウォーカーの名前が伏せられているのに、PWタイプ表記で「伝説のプレインズウォーカー リリアナ」としっかり書いてあるあたりがとてもリリアナ。

オニキス教授の能力は

f:id:kasumin-chan:20210323221841j:plain

伝説のプレインズウォーカー リリアナ
魔技ーあなたがインスタントかソーサリーを唱えるかコピーするたび、各対戦相手は2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。
[+1]1点ライフを失う。あなたはライブラリーの上からカード3枚見る。その中から1枚を手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。
[-3]各対戦相手は、そのプレイヤーがコントロールするパワーが最も高いクリ一チャを1体生け贄に捧げる。
[-8]各対戦相手はカードを1枚捨ててもよい。そうしないなら3点のライフを失う。この手順をもう6回繰り返す。 

というもの。
ポイントは「あなたがインスタントかソーサリーを唱えるかコピーするたび、各対戦相手は2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る」という部分。

 

それで?

煙霧の連鎖は、『プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーはカードを2枚捨てる。そのプレイヤーはこの呪文をコピーし、そのコピーの新たな対象を選んでもよい。』という能力を持つソーサリーです。つまり、煙霧の連鎖の効果で自分を対象にとり、自身をコピーし続けることによってオニキス教授の能力が無限に誘発するんですよ

………で?

対戦相手が2点ライフを失い、自身は2点回復する。それが無限に続く

オニキス教授鬼かwwwwwオニキスだけに鬼かwww

誰がうまいこと言えと…

でも、煙霧の連鎖は「プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーはカードを2枚捨てる」だから、手札が尽きたらおしまいなんじゃないの?

手札がなければコピーできないとはどこにも書いてないよ

オニキス教授鬼だったwwwwwオニキスだけに鬼だったわwwwwww

 

当然、手札がゼロになったときにオニキス教授を除去されたらおしまいですし、オニキス教授が6マナと重いというあたりはデメリットです。
ただ、煙霧の連鎖コンボが決まらなくても、オニキス教授の[-8]能力が決まれば勝利は目前でしょう。ANTなどの既存デッキで使うなども考えられます。
新しいカードですし、これからどう使われていくのか注目したいところですね。

 

 

 

禁止改訂ぃぃ?

禁止改訂、出ましたね…

mtg-jp.com

主要なフォーマットのほぼ全部でオーコ禁止になったり、ウーロも禁止になったり、かとおもえばヴィンテージでルールスが復活してきたり。
なんやねん!とお思いの方もいらっしゃることと存じます…
ええ、私もその1人です…。オーコ使いたかったのに!まだ使ってないよ!
オーコ強いからね。仕方ないよね。令和のパワー9なんていう話も出てましたし。
…じゃあ残る8枚はなんなんだっていうのは置いといて。

 

英語版 エルドレインの王権 Throne of Eldraine ELD 王冠泥棒、オーコ Oko, Thief of Crowns マジック・ザ・ギャザリング mtg

マジックザギャザリング THB JP 229 自然の怒りのタイタン、ウーロ (日本語版神話レア) テーロス還魂記 Theros: Beyond Death MTG

マジックザギャザリング IKO JP 226 夢の巣のルールス (日本語版 レア) イコリア:巨獣の棲処 Ikoria: Lair of Behemoths

 


 

【続唱】のルールが改定されました。

初出時、「続唱」は、
「あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、点数で見たマナ・コストがその呪文より低い土地でないカードが取り除かれるまで追放する。あなたはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。その後、これにより追放されたすべてのカードを、あなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く」
というものでした。

これが
「あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、点数で見たマナ・コストがこの呪文より低い土地でないカードが取り除かれるまで追放する。その点数で見たマナ・コストがその呪文の点数で見たマナ・コストよりも小さいなら、あなたはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。その後、これにより追放されて唱えられなかったすべてのカードを、あなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く」
に変更されたのです。 

これまでは、3マナの続唱呪文で表面2マナなら裏面が7マナでも唱えることができたけど、それができなくなった。

うん?それでどうなるの?

これまで続唱は、表面を参照して追放したカードにただで唱える権利を与えてた。
唱える権利を持っているのはそのカードだったから、裏面が何マナでも唱えることができたんだ。
それが、今回の改訂で裏面を唱えるときも続唱で参照するマナコスト以下でないとダメになったんだ。

表面≧裏面でないと裏面の呪文として唱えられないってこと?

そう。これまで

 

続唱「次にめくれた2マナ以下の土地でないカードをただで唱える権利をやろう」

バルキー「ぼく2マナです!」

続唱「ヨシ!」

ティボルト「バルキーだと思った?ティボルトちゃんでした!」

f:id:kasumin-chan:20210221113131j:plain

 これが

続唱「次にめくれた2マナ以下の土地でない呪文をただで唱える権利をやろう」

バルキー「ぼく2マナです!」

続唱「ヨシ!」

ティボルト「俺だよ!」

続唱「お前7マナやんけ!ダメダメ!帰った帰った!」

f:id:kasumin-chan:20210221114643j:plain

 

こうなった

ひでえwww

続唱が出たときには両面カードなんてなかったし、この挙動も想定外だったからしょうがないよね。

 

【誇示】コジコジ

カルドハイムの記事、ふたつめは【誇示/Boast】についてです。
予顕に比べるとそこまで難しくはないのかな?と思いますが…思いますが、私は2セットプレイして2回とも使い方を間違えました…
タイミングわかんないよ

 

茜さん…今度はなんですか…

ししょー…カルドハイムのプレリキットが手に入ったから遊ぼうって言ってたじゃないっすかぁ…予顕のこともあったから下調べしとこうと思っていろいろ見てたら、またしてもよくわかんない能力がぁぁぁ!

カルドハイムは予顕以上に分かりづらいシステムないと思うんだけど…

ししょーは!長年やってるからすんなり理解できるだろうけど!
わかんねーもんはわかんねーんですよ…ほらここ…「誇示」ってなんすか…

ああ、「誇示」か…


誇示(こじ)/Boast」は、1ターンに1度だけ起動できる起動型能力です。ただしこの能力は、どのターンでも起動できるわけではありません。誇示能力を持つクリーチャーがそのターンに攻撃していなければ起動できないのです。

【FOIL】マジックザギャザリング KHM JP 014 黄金口の勇者 (日本語版 コモン) カルドハイム

たとえば、黄金口の勇者は、2/3のクリーチャー。黄金口の勇者が攻撃を宣言したら、(1)白を払うことでクリーチャー1体を対象としてタップすることができます。

 

いまいち使いどころが分からないんだけど…
だって、攻撃するでしょ?→相手はブロックするでしょ?
ブロックされてから相手のクリーチャーをタップしても意味なくない?

攻撃して、相手のクリーチャーがブロックする前にタップさせたらどうなると思う?

そんなこと許されるの?

攻撃とブロックは同時に解決されるわけじゃないからね
たとえば、手札にクリーチャー強化系のインスタントがあった場合、相手がブロックを宣言してからでもキャストすることができるでしょ

なるほど!

 

誇示は、そのクリーチャーの攻撃宣言後、ターン終了まで起動することができます。ただし、戦場を離れてしまうと使えません。また、攻撃している状態で戦場に出た場合も起動することができません。
また、誇示は攻撃宣言をしていれば、自分のターンでなくても起動することができます。たとえば、相手の戦闘フェイズで誇示能力を持っているクリーチャーが攻撃宣言をしてきたとしましょう。あなたがそのクリーチャーのコントロールを得ることができれば、その誇示能力を使用することができます。ただし、誇示能力が一度も起動されていない場合に限ります。
誇示能力は、原則として1ターンに1回だけしか起動できません。ターン中に戦闘フェイズが追加されて、誇示持ちクリーチャーが2回攻撃宣言した場合でも、起動できるのは1回だけです。

 

でもさ、能力ってだいたいコントロールしてるプレイヤーが有利になるものじゃない?
相手のクリーチャー奪って自分が得するように動かすってどうするの?

たとえば、相手が「血空の主君、ヴェラゴス」で殴りかかってきたとする。

【FOIL】マジックザギャザリング KHM JP 309 血空の主君、ヴェラゴス (日本語版 レア) カルドハイム

パワー/タフネスが2/3で、接死持ってる伝説のクリーチャーね。(1)黒で占術1みたいなことができるのか…

「プレイヤー1人を対象とする」だから、自分が使ってもいいよね?
ただ、戦闘に参加させてはじめて誇示が使えるから、できれば戦闘前にコントロールを奪っておきたいし、運良く相手が誇示能力を持つクリーチャーを入れてるとは限らないから、使いどころは難しいね。

誇示能力使うならやっぱり先手必勝なのかなー

そうだね…僕なら『撲滅する戦乙女』あたりを入れて、こちらから誇示を使っていきたいかな…

マジックザギャザリング KHM JP 094 撲滅する戦乙女 (日本語版 神話レア) カルドハイム

初子さらいとか、アクロス戦争とかで相手のクリーチャーコントロールを得る→撲滅する戦乙女で殴りかかると同時に誇示能力でコントロールしているクリーチャーともう一体を生け贄に捧げる…みたいなかんじ?

そうだね、だいたいそんな感じ。あとは『語りの神、ビルギ』を入れておいて誇示能力を2回使うとか、『熱狂した略奪者』を出しておいて、誇示能力使うたびにカウンターを置いていくとかいうこともできるよ

マジックザギャザリング KHM JP 123 語りの神、ビルギ/豊潤の角笛、ハーンフェル (日本語版 レア) カルドハイム

【FOIL】マジックザギャザリング KHM JP 137 熱狂した略奪者 (日本語版 アンコモン) カルドハイム

鬼やな!
あっ、『熱狂した略奪者』がほどよく育ったところで『傷頭のアーニ』の誇示能力使って戦闘…なんていうこともできるのか…怖っ!

マジックザギャザリング KHM JP 310 傷頭のアーニ (日本語版 レア) カルドハイム

 

カルドハイムで登場した新能力【誇示】
新しいシステムなだけに、さまざまな使い方ができるかと思います。
コンボが決まると面白いですよね。先の【予顕】と組み合わせるのも楽しいなと思います。

それでは~、また~!
待て!次号!次はなんだろう?

 

2021年2月21日追記

「誇示は攻撃宣言をしていなければ、自分のターンでなくても起動できる」という記述に対して「コントロールが変わったら、戦闘に参加していないことになるから誇示能力は使えないのでは?」という質問がありました。
リリースノートを見ると、下記のような記述があります。

f:id:kasumin-chan:20210221101424p:plain

 というわけで、できるんですって。できるんですってよ。
全文はリンク先のPDFでご確認ください。magic.wizards.com記事は英文ですが、「日本語」を選択すると日本語のPDFが表示されます。

 

 

 

 

【予顕】よげんだよ、よけんじゃないよ、よげんだよ

 

カルドハイムでのプレリ始まりましたねー(2021年の2月3日です)。
新規メカニズムとして『予顕』と『誇示』が登場しました。
…まだキッカーとか絆魂とかもちゃんと理解してないのに、次から次へと新しい能力出さないでくださいよ…とか、個人的には思いますけど!
まあそこはね、ゲームとしてはね、仕方ないよね…

というわけで、今回は『予顕』についてのおはなしです。

 

師匠~~~助けて~~~へーるぷみー!
新しい能力が分かんないよ~~~~~

質問は具体的に詳細に。あといつから師匠になったのさ

カルドハイムのプレリキット買ったんだけど、予顕とか誇示とかなんなの?
なにができるの?どうやって使うの?どのタイミング?
Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)!

具体的に詳細にとは言ったけど、なんで5W1H…
まぁいいや、じゃあ予顕について話そうか…

なにとぞ!よろしゅうお願いしまぁす!

 

予顕(よげん)/Foretell」は、カルドハイムで登場したキーワード能力で、この能力を持っているカードが手札にあるときに使える常在型能力です。

たとえばこのカード。ドゥームスカールは(3)(白)(白)でキャストできるソーサリーです。そのままなら5マナ必要ですが、2マナ払って手札から裏向きに追放しておくことで、後のターンに、(1)(白)(白)でキャストできるようになります。

 

2マナ払って手札から裏向きに追放…?
それで結局(1)(白)(白)でキャストするなら合計コストは変わらないじゃないですか…

一気に(3)(白)(白)払うには5マナ必要になるよね。通常ならキャストできるまでに5ターンかかっちゃう。けど、2マナと(1)(白)(白)に分割することで3ターン目にキャストすることもできるようになるんだ

クレカの2回払い…
2回払いすることでいつでも使えるならお得かもしれない…

ちょっとまって、いつでもじゃない
その呪文の適正なタイミングでしかキャストできないよ
ドゥームスカールはソーサリーだから、予顕をしてもソーサリーをキャストできるときだけだよ

いつでもキャストできるわけじゃないのか…
そう考えると、そこまでスゴイわけじゃないなぁ…

そうでもないんだな
もうひとつ例をあげると、多元宇宙の警告っていうカードがある。

 

 

このカードも予顕を持っていて、ドゥームスカール同様コントロールデッキでよく使われるであろう一枚なんだけど、2ターン目に予顕されたとして、ドゥームスカールかこのカードか、対戦相手は判断できると思う?

やだー…わかるわけないじゃないですかーやだー…
だって裏向きに追放するんでしょー…あっ、なるほど!

そうそう。対戦相手には予顕されたカードが何か分からない。ドゥームスカールかもしれないと思えば、クリーチャーを展開しづらくなるよね

次のターンに全体除去されるかも…って思ったら、クリーチャーは出せないよね…
嫌すぎる…嫌すぎるけど好きだ…

でしょ? 他に手札破壊に強いっていう利点もあるよ
相手の手札は確認できても、追放領域にあるカードまでは確認できないからね
第二の手札みたいな感じで使えるわけだ

すごーい、師匠すごーいすごーい!
さすがですぅ~。一生ついていきます~!
予顕、強いじゃないですか~!使えるじゃないですか~!

 

いかがだったでしょうか。
新規メカニズムの【予顕】、ここに挙げた以外にもいろいろな使い方があるとおもいます。個人的にはブラフかましてうりうりうりうりするのが大好きなんですが、こういう使い方もあるよ!とか、こういうデッキで使うのどう?とかありましたら、ぜひお知らせください…。

では!待て、次号!

次は誇示かな~…

 

 

 

 

 

MTG用語解説シリーズ

MTGのカード効果って…イマイチ分からないもの多くありません…?
少なくとも復帰勢の私には
「そんなの昔なかったよォ?!」
「えっ、今この効果ないのォ?!」
っていう効果が山盛りてんこ盛りモリモリ。

なので、自分の備忘録かねて、カードの効果について解説したいなと思います。
がっ!
私一人だと…マジのど素人なので(だって私の時代はマナバーンとかあったんだぜ…今ないやん…?)
なので、このシリーズではMTG歴の長いお友達にも対話形式で参加していただくことにしました。

 

決定事項です。

 

お友達召喚!無色3マナ!2/2 クリーチャータイプ:友人()

 

ちょっ!なんだよいきなり!
しかもクリーチャーとかなんだよ!

よしゃ!召喚成功!
というわけで、用語解説お願いしまーす!

 

用語解説…?
そんなのやってれば自然に覚えるし、大会ならジャッジに聞けばいいだろ

わかってないなー。初心者に対して「自然に覚えろ」とか「ジャッジ呼べ」とか、ハードル高いんだよ!

今、現役でガチプレイしてる方々…MTGをはじめてプレイしたときのことを思い出してみてください…。
トランプル?スタック?タップ?アンタップ?
みんな呪文のように唱えてる「アンタップアップキープドロー is なに!」
ってことありませんでしたか…?
なかった方は幸運です!素晴らしい!あなたはMTGの申し子。素質があります。さすがですね!
ちな、私は初めてMTGをプレイしたとき…2か月くらい…アンタップとタップの区別がついてませんでした…。
どっちがタップでどっちがアンタップ…???っていう状態。
まぁね!当時は英語の説明書しかなかったからね!
初めて買ったパックは4版でしたが、当時はリバイズドやフォール・エンパイアなんかもフツーに売ってましたし。4版は日本語版ありましたけど、若干高かったので英語版買ってたんですよ…日本語版売ってる店も少なかったし。

YouTubeの解説動画なんてなかった時代なので(YouTube自体…というより、インターネットなんてほぼほぼなかった!)。

…なんていう懐古回顧ネタはそのうち別コーナー立てるとして。
用語解説です。
知ってる単語も多数出てくるかと思いますが、そこはホラ、完全初心者向けということで!ご理解ください!

 

なんだかよく分からないけど、茜の質問に答えればいいんだろ?仕方ない…わかる範囲で答えるよ

ありがとう!じゃ、次回から早速お願いね!

 

というわけで、「MTG用語解説シリーズ」はじまりまーす。

待て!次号!

やっぱり猫が好き

f:id:kasumin-chan:20210129125204p:plain

九つの命


基本セット2021のカードです。んなこた皆さん知ってるでしょ。

真ん中にいるのはイエネコ(家猫、Felis silvestris catus)。肉食目ネコ科ネコ目に分類される愛玩動物。イラストの猫は日本で言うところのキジトラでしょうか。英語で言うとブラウン・マッカレル・タビー(Brown Mackerel Tabby)っていうらしい。


イエネコの後ろに浮かんでいる8体は歴代のネコキャラクター。

  • 黄金のたてがみのジャザル/Jazal Goldmane
  • コイルの破壊者、マリーシ/Marisi, Breaker of the Coil
  • 孤児護り、カヒーラ/Kaheera, the Orphanguard 
  • 世界の咆哮、アラーボ/Arahbo, Roar of the World
  • ネコルーの女王、ワシトラ/Wasitora, Nekoru Queen 
  • エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efrava
  • ウェザーライトの決闘者、ミリー/Mirri, Weatherlight Duelist 
  • 王の摂政、ケンバ/Kemba, Kha Regent

 

毎回思うんですが、マリーシ顎長くないか…?
シャクレルプラネットを彷彿とさせるんですけど。
あと、アジャニがいないのはなんでだろう?やっぱりプレインズウォーカーだから?

 

さておき、なんで「九つの命」なのかという話。
猫なら「100の命」でもいいじゃんとか思いません?(101回生きた猫っていう絵本もあるし)

調べてみたら、英語の諺に

「A cat has nine lives(猫は9つの命を持つ/猫に九生あり)」

っていうのがありました。猫はなかなか死なないとか、しぶとい、とか。そういう意味ですね。
この諺の正確な起源は分かりません。ただ、16世紀イギリスの小説家ウィリアム・ボードウィンが書いた「猫にご用心(Beware The Cat)」と言う小説に
「a witch to take her cat's body nine times(魔女はその猫の体を九回使うことを許される)」
と言う一説がありました。
ウィリアム・ボードウィンの「猫にご用心(Beware The Cat)」はイギリス初の小説であり、猫の王の葬儀に関するアイルランドの伝承を現在の形にまとめた最初の作品とも言われています。

「猫の神話」という本にまとまってますので、興味がありましたらぜひ。
魔女の使い魔「グレマルキン(グリマルキン)」も出てきます。これ、グレマルキンが出てくる最初の小説でもあるのね。

 

シェイクスピアロミオとジュリエットにも
「猫王どの、9つあるというおぬしの命がたったひとつだけ所望したいが(Mer.Good King of Cats, nothing but one of your nine lives)」
と言うセリフがあります。ジュリエットの従兄弟ティボルトとロミオの友人マーキューシオがもめ事を起こしたときに、マーキューシオが言った言葉です。(しぶといお前をちょっと懲らしめてやるだけだ、と言いつつ殺意をちらつかせるみたいなかんじ)

 

猫って人間の生活に入り込んでますからね…。犬もですけど。
日本でも弥生時代くらいから猫が飼われていたようです。(ずーっと平安くらいからって思われていたんですが、長崎県の離島にある遺跡から家畜化されたと思われる猫の骨が見つかり、調査の結果、紀元前2世紀頃にはねずみ取り用の家畜として猫が飼われていたことが分かりました。2019年のことです

 

九つの命を使ったデッキもいろいろあります。
「九つの命」を「役割交代」で相手に渡し、「精霊龍、ウギン」や「次元の浄化」で戦場から離れさせることで相手を敗北させるデッキ。
「九つの命」をひたすらコピーして残機を増やしまくるデッキとか…。

 

犬猫に限らず動物大好きなので…九つの命使ったデッキを組みたいんですけど。
何度M21のパック買っても自引きできないんですけど?????
そんなに高くないカードだからシングルで買っちゃおうかなぁ…とか考えてます。

買うべきか、買わざるべきか、それが問題だ…

 

自引きすりゃーいいんだよ!知ってるよ!

 

 

お初にお目にかかります

 

f:id:kasumin-chan:20210131112950p:plain

停滞

すべてはこいつから始まった…。


はじめまして。
はじめましてじゃない方、お久しぶりです。

茜です。

普段はプログラム組んだり校正したり学術情報について語ったり、家事育児に東奔西走したり、…まぁ、普通のそこら辺にゴロゴロ転がってるただの人間です。

MTGに初めて触れたのは…リバイズドの頃?
始めて箱買いしたパックは4版です。
このあたりの経緯はTwitterで何度かつぶやいてますね…

 

ウルザズ・サーガくらいまでプレイしてましたが、いろいろありましていったんおやすみ。

ラブニカのギルドあたりからゆる~く復帰して今に至ります。

最近のMTG事情、まったくわかりません。

本気でわかりません。

マナバーンがなくなったって聞いてびっくりしてるんですけど?
プレインズウォーカーってなによ???
あっ、トランプルくらいは知ってるよ!

そういうレベル。

ここは、そんなMTG出戻り勢が懐古厨になってみたり、興味を持ったカードを紹介したり、フレーバーテキストにツッコんだり…と、いろいろやりたい放題やるブログです。

そのうち子ども中心のフリプ会とか開けたらいいな~…
なんて考えながら、ゆる~くMTG広報活動ができたらないいな~と思ってます。

何卒よしなにお取り計らいのほど、お願い申し上げまする…